運転免許証のカラー

あなたの運転免許証のカラーは、何色になっていますか?運転免許証の色は、どのような条件でも誰であっても同じ色というわけではありません。 運転免許証のカラーは、「ゴールド・金色」と「ブルー・青色」と、「グリーン・緑色」の三色があります。 近年では、非常に多くの自動車保険会社がリスク細分型自動車保険を取り扱うようになっています。そのため、この運転免許証のカラーによって、自動車任意保険の保険料そのものも変わってくるのです。何気なく見える運転免許証のカラーですが、このようにとても大切な意味があるカラーリングなのです。

運転免許証を取得した場合、まず初めに交付される免許証のカラーは「グリーン・緑色」です。つまり、誰もが体験したことがあり、持ったことがあるはずのカラーということになります。このグリーンカラーは、運転免許証が交付されてから三年間、次に更新するまではこのカラーとなっています。

グリーン免許証のあと、更新をすると、「ブルー・青色」の運転免許証になります。一般運転者、違反運転者、初回更新者のいずれかのタイプということになります。基本的にこのブルー免許証の有効期限は三年ではありますが、2002年の交通法の改訂により、場合によっては有効期限が五年間になるということに改められました。 そして、「ゴールド・金色」の運転免許証。五年間、無事故で無違反の人が持つことが出来る運転免許証です。 当サイトでは、このように運転免許証のカラーと特徴について紹介します。

◎特集
自動車免許の取得は、夏季休暇や冬季休暇などの休みを利用した合宿免許が効率的です・・・合宿免許